Topics

あなたはなぜ評価されないのか

仕事で評価されない人は、いくつかの共通点を持っています。いずれも仕事の能力とは直接関係のない振る舞い方の部分です。せっかく良い仕事をしているのですから、もう少し振る舞い方に工夫をすると仕事で評価がされやすくなるでしょう。仕事で評価をされたい人は、仕事と同じくらい職場や上司の前での振る舞い方が重要だと再認識しましょう。堂々と嫌いな上司に「ゴマをする」ことができるようになれば、仕事の評価も劇的に上がるでしょう。

振る舞い方がヘタクソ

振る舞い方がヘタクソ

仕事で評価をされない人に共通するポイントを紹介します。自分に思い当たる点がないか確認しましょう。

上司が求めている方向からズレている

上司が求めている方向からズレている

なぜか仕事の評価が低い人は、仕事の方向性が上司の意図とズレていないか確認してみましょう。

評価されるためのアピール法

評価されるためのアピール法

仕事の評価を上げるためアピール法を紹介しますので、仕事中は意識するようにしましょう。

上司の信頼を勝ち取るコミュニケーション術

上司の信頼を勝ち取るコミュニケーション術

仕事の評価を上げるための上司とのコミュニケーション術を紹介しますので参考にしてください。

NEW

  • 振る舞い方がヘタクソ

    仕事の評価が上がらない人には共通点があります。まず「目立たない仕事をする人」です。地味な仕事をどんなに頑張っても、評価は上がりにくいです。次に「プレゼン能力が低い人」です。良い仕事をしていても、上司にアピールしなければ意味がありません。「やる気が感じられない人」も評価が上がりません。内心はやる気に満ちていても、見た目のやる気がない人は評価されません。自分も当てはまると感じた人は、仕事に対する取り組み方を変えましょう。...more

  • 評価者目線:目標を達成するために成長できるか

    評価者である上司が、部下のどのような点を重要視して評価をしているのかを理解すると、評価をされやすい行動をとれるようになります。「人事評価面談」で上司が部下に求めていることを知ると、上司の評価基準が分かりやすいと思います。例えば失敗をした部下に対して上司が求めていることは何でしょうか。それは「失敗から気付きを得ること」、「気付きの結果、新たな行動を始めていること」です。要約すれば「目的を達成するための成長ができる人」となります。...more

  • 評価されるためのアピール法

    仕事の評価を上げるために評価が上がりやすい態度をとるようにしましょう。まず笑顔で仕事をすることが大切です。作り笑いから始めましょう。次に仕事が速いイメージを付けるようにしましょう。上司の依頼にすぐにリアクションをすることが重要です。さらにライバルを褒めるようにすると、評判が上がり、評価も高くなるでしょう。そして上司に「ゴマをする」のも立派なコミュニケーションだと割り切れれば、仕事の評価はどんどん高くなるはずです。...more

こちらの記事もどうぞ

  • 転職のプロが相談に乗ってくれる

    転職を考えている人は、「転職エージェント」を利用しましょう。転職エージェントに登録すると、たくさんの求人情報を紹介してくれます。自分だけでは見つけられない非公開求人案件もあります。また転職エージェントには転職先の企業情報に精通しているスタッフがいて、自分のキャリアやスキルを活かせる転職先とマッチングしてくれます。また手続きや受付などの雑事を代行してくれるなど、転職活動をサポートしてくれます。仕事をしながら転職活動を続ける人の助けにもなるでしょう。...more

  • エンジニアはフリーランスとして活躍できる

    仕事で評価がされない職場で働いているエンジニアの方は、独立してフリーランスの道を選ぶ方法があります。フリーランスになれば、自分を高く評価してくれるクライアントを選んで仕事をすることができます。結果的に収入も格段にアップするかもしれません。フリーランスになると、安定して仕事を得るために営業活動が重要になります。フリーランスのエンジニア向けのエージェントサービスに登録すれば、優良案件を紹介してくれますので仕事に集中することができそうです。...more

  • 従業員目線:不明瞭な評価基準への不満

    仕事の評価をされない部下の側から見ると、「不明瞭な評価基準」への不満があります。評価基準が明瞭でないと、仕事の評価が低い時に納得ができません。実は明確な評価基準などなく、上司の個人的な好き嫌いで部下を評価していると思われるかもしれません。不公平感を持った部下のモチベーションは上がりませんから、仕事の成果も出にくくなります。まずは評価基準を明示すること、そして人事評価面談などで評価のフィードバックを部下にすることが大切です。...more