仕事で評価されないあなたへ

仕事と評価について考える

仕事の評価に不満があるエンジニアはフリーランスになろう

Topics

エンジニアはフリーランスとして活躍できる

今の会社では仕事の評価が上がる見込みのないエンジニアの方は、転職以外にも、独立してフリーランスになる選択肢があります。今回はフリーランスとして働くことのメリットと、独立後に利用したいフリーランスのエンジニア向けのエージェントサービスを紹介します。

エンジニアはフリーランスとして活躍できる
Pocket

フリーランスのメリット

フリーランスのメリット

フリーランスのエンジニアになると、会社員時代よりも大幅に収入をアップすることが期待できます。仕事のスキルが高く能力が高い人ほど収入は高くなり、月100万円を超える人もいます。会社で仕事の評価が上がらず、収入も上がらない人にとって大きなメリットになるでしょう。ただ会社員時代にはあったボーナスなどの手当てはなくなります。また国民年金、国民健康保険などの社会保険料や、税金の支払いは自分で行う必要がありますので、その分を差し引いて考えてみましょう。
次にフリーランスになると仕事を自由に選べるというメリットがあります。自分の得意のジャンルの仕事に特化して高い報酬を得たり、興味のある分野の仕事を選んで好奇心を満たすこともできます。もちろん自分を高く評価してくれるクライアントの仕事だけを選ぶこともできます。さらに勤務時間を選べますし、勤務場所も自由に選べます。会社に強制的に転勤を命じられることもありません。

非公開案件をゲットしたいなら「イージョブダー!!」

フリーランスのエンジニアとして活躍するためには、適切な報酬と納品期日などの条件が揃った、優良案件を得ることが大切です。エージェントサービスを利用すると、自分ではみつけられないような「非公開案件」を紹介してくれることがあります。「イージョブダー!!」も非公開案件を提供してくれるエージェントサービスのひとつです。

イージョブダー!!では、公開している案件のほかに、エンドユーザ様のご都合によりサイトに公開していない優良案件が多数揃っています。 これら非公開案件を始めとした案件を、イージョブダー!!担当者が会員様の特徴やご希望にあわせてご紹介いたします。

(https://matching.ejob-daaah.com/)

求人サイトなどに掲載されていない、得に優良な案件を得ることができます。 イージョブダー!! 登録はこちら

報酬UPを狙うなら「ジョブリーフリーランス」

フリーランスのエンジニアとして仕事をするなら、高収入を目指すのはごくごく当たり前のことですよね。このジョブリーフリーランスでは過去の実績として「年収300万円UP」した方もいらっしゃいます。高額案件をゲットしたいならジョブリーフリーランスをおすすめします。

ジョブリーフリーランスはエンド直・元請直の案件を多数保有しており、長年のマッチング実績から企業様と信頼関係を築いているため、高額報酬が期待できます。

(https://jobree-freelance.jp/service/)

ジョブリーフリーランスに登録をすれば幅広い高額案件の中から自分にピッタリの条件の良い案件を選ぶことができます。 ジョブリーフリーランス 登録はこちら

案件豊富な「レバテックフリーランス」

フリーランスのエンジニアとして活躍するためには、安定して仕事を得る必要があります。営業活動をしたり、人脈の幅を広げる努力を続ける必要がありますが、フリーランスになりたての頃は苦労する人も多いでしょう。そこで案件情報を豊富に揃えているエージェントサービスに登録することがおすすめです。エンジニアやプログラマーとして独立を目指す人は大手のエージェント「レバテックフリーランス」に登録してみてはいかがでしょうか。エンジニアやプログラマーに向けた豊富な案件情報を紹介してもらえます。

レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニア・プログラマーに向けた案件情報を提供するサービスです。年間3000回もの開発現場ヒアリングを行う専門家集団があなたをサポートします。

(https://freelance.levtech.jp/)

営業部門をレバテックフリーランスに任せることで、仕事に集中することができます。 レバテックフリーランス 登録はこちら

NEW

  • 振る舞い方がヘタクソ

    仕事の評価が上がらない人には共通点があります。まず「目立たない仕事をする人」です。地味な仕事をどんなに頑張っても、評価は上がりにくいです。次に「プレゼン能力が低い人」です。良い仕事をしていても、上司にアピールしなければ意味がありません。「やる気が感じられない人」も評価が上がりません。内心はやる気に満ちていても、見た目のやる気がない人は評価されません。自分も当てはまると感じた人は、仕事に対する取り組み方を変えましょう。...more

  • 評価者目線:目標を達成するために成長できるか

    評価者である上司が、部下のどのような点を重要視して評価をしているのかを理解すると、評価をされやすい行動をとれるようになります。「人事評価面談」で上司が部下に求めていることを知ると、上司の評価基準が分かりやすいと思います。例えば失敗をした部下に対して上司が求めていることは何でしょうか。それは「失敗から気付きを得ること」、「気付きの結果、新たな行動を始めていること」です。要約すれば「目的を達成するための成長ができる人」となります。...more

  • 評価されるためのアピール法

    仕事の評価を上げるために評価が上がりやすい態度をとるようにしましょう。まず笑顔で仕事をすることが大切です。作り笑いから始めましょう。次に仕事が速いイメージを付けるようにしましょう。上司の依頼にすぐにリアクションをすることが重要です。さらにライバルを褒めるようにすると、評判が上がり、評価も高くなるでしょう。そして上司に「ゴマをする」のも立派なコミュニケーションだと割り切れれば、仕事の評価はどんどん高くなるはずです。...more

こちらの記事もどうぞ

  • 転職のプロが相談に乗ってくれる

    転職を考えている人は、「転職エージェント」を利用しましょう。転職エージェントに登録すると、たくさんの求人情報を紹介してくれます。自分だけでは見つけられない非公開求人案件もあります。また転職エージェントには転職先の企業情報に精通しているスタッフがいて、自分のキャリアやスキルを活かせる転職先とマッチングしてくれます。また手続きや受付などの雑事を代行してくれるなど、転職活動をサポートしてくれます。仕事をしながら転職活動を続ける人の助けにもなるでしょう。...more

  • エンジニアはフリーランスとして活躍できる

    仕事で評価がされない職場で働いているエンジニアの方は、独立してフリーランスの道を選ぶ方法があります。フリーランスになれば、自分を高く評価してくれるクライアントを選んで仕事をすることができます。結果的に収入も格段にアップするかもしれません。フリーランスになると、安定して仕事を得るために営業活動が重要になります。フリーランスのエンジニア向けのエージェントサービスに登録すれば、優良案件を紹介してくれますので仕事に集中することができそうです。...more

  • 従業員目線:不明瞭な評価基準への不満

    仕事の評価をされない部下の側から見ると、「不明瞭な評価基準」への不満があります。評価基準が明瞭でないと、仕事の評価が低い時に納得ができません。実は明確な評価基準などなく、上司の個人的な好き嫌いで部下を評価していると思われるかもしれません。不公平感を持った部下のモチベーションは上がりませんから、仕事の成果も出にくくなります。まずは評価基準を明示すること、そして人事評価面談などで評価のフィードバックを部下にすることが大切です。...more